ただの雑記

そろそろ前更新したときから一ヶ月たってしまうなということで
思い出したように書きます。


一ヶ月くらい前、blastの公演に行ってきました。
みにいくのは中学生のとき以来です。

聴いて楽しい、みて楽しい、魅せる音楽集団blast。

いや〜〜〜大変よかったですね!!!
心底良いなって思ったものって、
私の場合、
「あれがこう」「ここがどう」なんていう
細かい感想が出てこなくて、
「とりあえず良かった」
などという、急に語彙力が低下する傾向にあります。
全部ひっくるめて良かった。

ちょっと楽器の名前はわからないのですが
打楽器で、細い金属の棒?を金属?にあてて
カツ、カツ、という、音をずっと連続でひたすら鳴らして
倍音が上で大きく鳴っているのはウオォォ〜!!と思いました。
(多分倍音まで聴こえない人は、
演者がただひたすらに早く叩いているだけに見えたと思うのだが。)

倍音というのは、
例えば楽器で「ド」を鳴らせば
「ミ」や「ソ」が上の方で聴こえる現象です。
昔はこの音を「天使の声」と言ったそうですね。(今wikiで調べて知った。)

楽器を鳴らしながら(音の質を保ちながら)パフォーマンスってかなり難しいことで
それを言うと、マーチングなんかもすごいな〜と思います。


ちょっと話は逸れます。
私は中学の吹奏楽部入りたての頃は、まわりと比べ、楽譜がこれっぽっちも読めなかったです。
(ピアノも何もやっていなかった。何故吹奏楽部に入った。)
どの音符が何の音を表して、じゃあ楽器でどの指の形をすれば良いのか、
全然わかりませんでした。
どう覚えたかというと、音符の位置と指の形、を、結びつけて覚えました。(感覚的に体に染み込ませる。)
音符の位置と音の名前、を結びつけることは、
私にとっては覚えるのが二の次だったんですね。
(なので、楽譜の読み方を覚える最初から、音符に音の名前はふらないようにした。
後々その方が都合が良かったからですね。)
う〜ん、なので「○○の音出して」とか言われると
少々頭の中の処理でタイムラグが発生した。


いつか久石譲さんのコンサート行きたいですね。




にほんブログ村 イラストブログ 色鉛筆イラストへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント